産廃処理・リサイクル

  • 2022年11/1から価格改定 致しました。詳しくは事務所へ問合せ下さい。
  • 2022年は12/29(木)午前中で仕事納めとなります。【詳細を見る】

中間処理・廃棄物リサイクル

廃棄物処理(中間処理)

コンクリートやアスファルトなどのがれき類や、木くずなどの再資源化できる建設副産物を、当プラントにてそれぞれ1~2次に選別し破砕。再生材としてリサイクルすることで資源循環に貢献しています。

取扱い廃棄物の種類

産業廃棄物

がれき類(廃コンクリート・廃アスファルト)/ 木くず(家屋解体材など)/ 繊維くず(解体に伴い発生する古タタミ)/ 廃コンクリートガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず(側溝などコンクリート2次製品等)

一般廃棄物

刈草・立木・剪定木・木根・竹

廃棄物リサイクル

リサイクルプラントの積極的な活用を行っております

再資源化/自社製品の紹介

再生骨材(RC40/RC30)

家屋・ビルなどを解体して発生するコンクリート塊、道路・駐車場整備などで発生するアスファルト塊を破砕機により破砕、再生骨材として2種類の製品を製造・販売しています。最近ではほとんどの公共工事(路盤材)・民間工事に再生骨材の使用が義務づけられておりリサイクルが進んでいます。

当社では、特に前処理段階での選別、破砕機ベルコン上での2箇所選別、製品段階での選別と品質管理を徹底しています。


木くずチップ(燃料材)

廃棄物として受け入れした家屋解体木・伐採木・木根を選別・破砕、チップ化したものを自家発電用の燃料として再利用しています。また、製紙工場等の原料、燃料として販売もしています。