鹿児島の産業廃棄物 中間処理場

鹿児島県リサイクル株式会社は、建設資材リサイクル法の施行に沿い、平成3年に事業協同組合として発足した産業廃棄物の中間処理場です(現在は株式会社へ組織変更)。
リサイクル施設のパイオニアとして、設立より鹿児島県を中心とした各建設現場からコンクリート廃材や廃木材を受け入れ、再利用することで循環型社会を築いてまいりました。
当社の再生骨材(RC-30/RC-40)は「かごしま認定リサイクル製品」にも認定されており、「エコアクション21」の取得やバイオマス発電による電力の自給自足など環境保護にも積極的に取り組んでおります。

インフォメーション

一覧を見る

産廃処理・リサイクル

一覧を見る